読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(無)生産製作所

ただただ書きまくるだけの愛すべき書き捨て場

大丈夫、

好きなもの紹介

今、クリープハイプの『大丈夫』を聴いてるんですが、とてもいい曲ですね。
以前までの過激度でいったら過激度0です。
気になった方はCD屋さんでアルバム借りるか、買いましょう。

今回書きたいのは、私はこの曲みたいに人のことを好きになれる日がくるのか?ということです。

今までたくさんではありませんが、何名かの方とお付き合いしたことがありました。

その時はすごく好きだったし、みんな平和にお別れした方たちばっかりだったので、ほとんどは、すっきりしています。

私は曲中に出てくる、若干のダメ女感漂うあたしさんくらい、陶酔しきってしまうような恋愛がしてみたいな、と思ってしまうダメ女予備軍です。

大丈夫、あたし今日は暇だから
あんたの側にいてあげるから
大丈夫、あたしに電話くれたら
もっと大事なものあげるから

私の大切なものあげられるくらい、誰かを愛したいなと思うのです。

そもそもなんで、そんな恋愛に憧れるのか。今まで、もれなく年上の方とお付き合いしてきたもので、与えられるばかりで与えることが本当に少なかったからかもしれません。


心の占有率を平気でオーバーしてくるような相手に出会いたいものです。
会える日は、鼻歌歌っちゃうとか、前の日から寝られないとか、メールだけでそわそわしちゃうとか、ある程度の変態行為も許せちゃうとか。

興味が尽きないのもいいです。
この人いつ会っても系統の違う本読んでるな…とか、いつ会っても違う国のご飯屋さん連れて行ってくれるな…とか、え?!そんな趣味あったの?!最高かよ!みたいな。

私の友人たちは本当に個性豊かです。
同性も異性も。心の占有率は平気でオーバーしてくるし、興味も尽きません。

こうなってくると、友達と恋人の境界線がわからなくなってきてしまいます。
友人だけでなく、恋人ももし、そんな個性的な人だったら…。

友達でいいじゃん。

好きな人と友達の明確な違いが必要だとはおもっていないのですが、違わないなら友達の方が居心地いいな…。

お互い高め合うカップルとかたまにいるけど、出来ればもうべろべろに甘やかして欲しいし、甘やかしたい。
めちゃくちゃに可愛がりたいし、逆も然り。

年下と付き合えば?とよく言われるんですが、違うんですよ。年上がいいんです。年上をべろべろに甘やかして、可愛がりたいんです。
私の前だけで、私のためだけに甘えてくれたら最高じゃないですか。

でもさ、不健康なやつはもてないよね…。
とりあえずは腰痛無くしてから、恋人探しは頑張りまーす。