(無)生産製作所

ただただ書きまくるだけの愛すべき書き捨て場

叶わなかった夢、叶えなかった夢

お久しぶりです。

溜まる下書きと崩れまくる生活のリズムに流されて久しぶりの更新になりました。

元気に生きています。


最近は、写真集制作のため日々日々撮影と編集をしております。

仕事、趣味、写真とやりたいことと時間が見合わないなあ、と思いつつ。

それでも24時間目一杯頑張ってます。

 


最近は観劇をする機会が増えたので、その話題でも。

 


8月16日 宝塚BOYS teamSKY@東京芸術劇場を見てまいりました。

 

f:id:kknm2130:20180818011653j:image


終戦後すぐに、宝塚歌劇団には男子部というものが存在し、そこで大劇場を夢見た青年達のお話です。

 


長い歳月の練習や期待は報われず、夢の大劇場に男子部が立つことは叶いませんでした。

 

 

何度も挫折しても立ち上がり、期待しては裏切られ、

戦争という与えられた枷に苦しみ、もがき、それでも正面から受け止める男子部の全員が、夢の舞台に立ちたい、叶えたい。その一心だったのだと、心を揺さぶられました。

 

劇中「運がいいとか悪いとかそんな言葉は聞きたくありません。ただ懸命に生きていたのです」というセリフが登場します。

 

「大劇場に立てなかったのは、運が悪かったから」そうじゃない。

「大劇場の板を踏む、そのいつかのために、いま出来る稽古をしよう。そのいつかが来た時に、最善を尽くせるよう、稽古をした。だからそれを運がなかったから叶わなかった、なんて言わないでくれ」

 

こんなに胸をかき乱されるような思いをしながら観劇したことはありませんでした。

 

国のために戦い、死ぬことさえもがさ美徳とされていた時代。

生き故郷に帰り、夢を追うことも許されなかった時代に、懸命に夢を掴もうとした男子部部員の最後の涙に、ただただ悲しい気持ちと、

何をしても大抵許されて、努力さえすれば夢が叶うこの時代、大した努力もせず、

「運が悪かった」

と諦めてしまう自分に本当に嫌気がさしました。

 

彼らの叶えられなかった夢の欠片は

こうして演劇になり、叶えられたはずの夢はどこかと迷っている現代人へ大きなエールになったのではないでしょうか。

 

男子部を支えた歌劇団経理職員、

元生徒で、男子部の心を支えた寮母

形の違う傷をおっても、他人に夢を与えようと奔走し、懸命に夢を追った男子部メンバー

最後のレビュー(大階段を使った歌とダンスのショー)にはその全員の思いが反映されていたように思えます。

 

叶わなかった大劇場でのレビュー

男子部にポジティブに関わった全員が夢見たレビュー

笑顔で歌い踊るレビュー、

羽根を背負い、シャンシャンを持ち、すみれの花咲く頃を歌っている男子部を見ていると

ほんとに苦しくてたらまない気持ちになりました。

 

涙を流しながらあのレビューを見たのは

すごく失礼だったのでは、と今では反省と後悔すらしています。

劇中「(宝塚の)舞台をみーんなええ顔してみてるんや」と男子部員が言います。

男子部員は観客がいい顔をして見られる舞台を夢見ていたはずなのに。

 

その後、各々の大きな荷物を持ち、

故郷へ帰る男子部たち。

もっともっと夢を見せてほしい

もっと叶えてほしい。

もっともっと、と気は急くばかりで

現実は、そこで終わり。

 

夢が叶わなかったのは、運が悪かったからじゃない。認められなかったから。

そんな単純な理由が、1番懸命に生きた人々を苦しめるんだ、と胃がずしり、と重たくなりました。

 

あんなにおわりを惜しんだカーテンコールがあったでしょうか。

あんなに終わらないで、と思う舞台はあったでしょうか。

終わらないで、まだ、見たい、と気持ちが溢れすぎて拍手を止められずにいました。

 

この消化しきれない思い、、。

もう一度観たい、、、、

東京千秋楽行っちゃうか、、、、。

 

ひとまず吐き出せたので眠ります。

大阪公演には、ご存命の宝塚男子部の方がご観劇されるそうです。

大層胸が締め付けられる、そんな思いです。

 

それではおやすみなさい。

家族だったということ

 

5月21日はわたしの愛犬の命日です。

f:id:kknm2130:20180518014606j:image

中学生のときかな、本当に学校に行けなくて

めちゃくちゃしんどかったときに

ホームセンターで目が合って、

ちゃんと散歩も連れていくし、ご飯もシャンプーもわたしがするから、飼いたい。

と親をその場で説得して迎えたワンコでした。

 

初めてうちにきたとに、

慣れない家で心細そうに鳴く声を聞いて、

うちでは不満なのかな、とか

ちゃんと家族になれるのかな、とか

不安になったのを覚えています。

 

しつけは大変でした。

それ以上に可愛くて、大好きで、

たくさん元気づけられて、

高校まで卒業出来たのは

太郎がいたおかげだと思うのです。

 

大学進学と共に東京に住んで、

離れ離れの時間の方が多くなったけど、

実家に帰るたびに一緒にお昼寝したり、

散歩行ったり楽しかった思い出ばかりです。

 

8歳になった太郎は心臓に大きな障害があり、もう長くないと言われました。

仕事で出来ないお世話を母が引き継いでくれて、毎日薬も欠かさず飲ませてくれました。

 

5月21日、とても暑い日でした。

朝から具合が悪そうで、

大好きな散歩にも行けず、

うちわで扇いであげたり、

大好きな窓辺に寝かせてあげたりしていました。

 

夜になって、ぐったりしてきてしまい、

かかりつけのお医者さんに急いで電話をして、

車で病院まで連れていきました。

腕の中でぐったりして、

太郎の呼吸が弱くなっていくのを肌で感じて、泣きながら病院に駆け込みましたが、

その時には既に息絶えていました。

 

病院の先生には「管で繋がれて苦しみながら死を迎えるより、大好きな飼い主さんに抱っこされていけたのだから、きっと幸せだった」

と言われたけど、もっと早く病院にいってたら、

もっと早くしていれば、

今も元気にわたしと一緒に過ごせていたかも、と後悔が募るばかり。

 

自宅に連れて帰ってから、病院の先生が作ってくれた簡易ベッドに入った太郎を見て

わたしが病気の半分でも貰っていたら、とか

もっといっぱい色んなところに一緒に行きたかったとか、

もっとたくさん可愛がってあげてたらと思うと涙が止まらずずっと太郎の前から離れられずにいました。

 

火葬し、骨になった太郎をみたら痛いところや苦しいところがなくなって、

きっと広くて安全なところで

いまは楽しく過ごせているんだろうな、と思えたのに、

それでもやっぱりずっと悲しくて寝られず、

3日間も、会社を休んでしまい、ずっと泣き続けに泣いていました。

 

思い立って、太郎の写真を印刷して額縁に飾ってみたら

ここにいるよ、と言っているようで少し安心したのを覚えています。

 

このままくよくよ泣いていて、太郎は喜ぶだろうか?

また心配してせっかく行けた楽しいところで遊べないんじゃないか?

 

太郎の幸せを願うなら、泣かずにいつも通りの生活を続けるべきなのでは?と思い、

次の日からはいつも通り仕事にいきました。

 

それでもふとした時に、あの息を引き取ったときの重たさや、冷たくなった体や、

開かない目や、大好きなおやつを食べない口、たくさん遊んだ手や足、もこもこの体を思い出して、もういない事実が辛くて、涙が出るのでした。

 

ペットロスは長くて苦しい。

それこそ、多分私が死ぬまでペットロスは続くのだと思うのです。

泣いても帰ってこない。けど、失くしたことで生まれた穴は、誰にも埋められない。

ずっと開き続けたままなのです。

 

命日が近づき、あの日のことを思い出してしまい、混乱して悲しくて、どうしようもない気持ちでこれを書き始めました。

 

ご不快に思われた方がいたらごめんなさい。

悲しい気持ちを内にしまっておくことが出来ませんでした。

 

もし、この記事を読んでいるあなたの近くに

ペットロスで苦しんでいる方がいたら

「たかがペットが死んだだけだろ、大げさ」なんて思わず、「家族が亡くなったんだ」と優しい気持ちで接してください。

 

あなたも大切な人が亡くなったら、きっと悲しいはずです。

 

家族だったということは

失えば大きな穴だけが主張して、私を侵食するということなのです。

 

悲しい話をしました。

どうぞ明日朝起きたら、元気になっていますように。

 

 

こそばゆい

f:id:kknm2130:20180213183149j:plain

(ぱくたそさんからDL、お借りしています。)
 

 

あけましておめでとうございます。(今更)

 

2017年9月から更新もなく、死んだのでは?とまことしやかに

囁かれていたとかいないとか、、、

とりあえず元気に生活しています。

 

 

そんなこんなで、深く掘り下げてもさして面白くないのですが、

書きたい時に書きたいことを書き綴るブログなので、

頑張って書こうと思います。

 

 

2017年12月、もう12月のいつだったか忘れちゃったくらい12月に、

人間嫌い、コミュ障、末っ子、おじさんキラーと呼ばれた私にも

心を許せる相手が見つかり、

片想い?とは言えない、この続きはなんですか?状態の人が奇跡的に出来ました。

 

私と彼にはすごく不思議な共通の知り合いが多く、

八方塞がり、進捗確認も締め切り間際の漫画家ばりに聞かれ、

いい加減辟易としたり、お互いのペースとか、

思うところはあるよね、、、で済むはずが

全然それじゃ 周りが納得してくれない。

なんじゃそりゃーと思いつつ、徐々に徐々にと距離を詰めたり離れたりしながらの生活です。

 

世間はバレンタインに浮かれているようですが、

大人になってしまったのと、私自身がチョコレートや甘味の類に興味がないので

手作りケーキ(キャピ)なんてこともなく、

伊勢丹で50以上もあるお店の中から、疲れない程度に選んだチョコレートを

上司に渡そうと思っています。

 

知り合いと伊勢丹に行ったのですが、やつには渡さないのか?と

散々言われ、「あー考えてない」とかテキトーに流したけれど、

本当は2月の頭にすでにバレンタインってことで、、、と

首元が寒そうな彼にマフラーをあげていましたというオチがついていて、、、

周りにはきっと「こいつ、なんもあげないつもりか?死して償え!」と思われているに違いない。

 

それでいいのだ。チョコレートあげて喜ぶような相手じゃないのだから。 

 

そんな人と、いつだか忘れてしまったけれど、終電を逃して我が家で朝まで飲み明かした時のこと

「ずるいけど、新たに何かを知るのに疲れているのと、彼女が欲しいと思う感情に押しつぶされそう」的なことを言われ、

 

はー?それは、私がその候補ではないよと暗に言いたいのか

私をその候補として一応考えているけど、いまは無理ということなのか

男の脳ってどうなってんの?と性差まで勝手に持ち出してウンウン唸っておりました。

 

早急に肉体関係を迫ったわけでも、名のある関係を宣言しろと脅したわけでもないのにな、、

周りに聞かれている通り、確かに「お前らの関係に名前はあるのか?」の

回答はなかなかできず。

 

それは別にお互いに「今ネーミングする必要性がないから、名前をつけていないだけ」という共通認識だと思っていたのだけど、

上記の通り、締め切り間近の漫画家ばりに周囲から進捗確認をされ、

「進捗どうですか」「進捗ダメです」を延々と、、、、、、、

 

正直めんどくさい。

正直めんどくさい。

 

「彼氏がいる」からと浮かれる歳でもないのだけど、

正直鳥の羽でふわふわと鼻の頭を撫でられているような感覚。

点きそうでつかない切れかけの蛍光灯のチカチカ鬱陶しい気持ちに近いような、

そんな煩わしくて、こそばゆい関係は、心地いいだけではなくて、

もちろんもどかしいし、私はヤツとは違ってそんなに仕事が忙しくないぶん

自由で、考えたり、思案したりする時間がたくさんある。

 

ふと、このまま永遠に答えの出ない、チカチカとした関係で、

テキトーなところまで引っ張られて、突然やっぱり違いますと言われたら、

それこそヤツをぶん殴ってしまうのでは・・・?と自分の右手が握りこぶしを無意識に作ってしまっているあたりが怖い。

握りこぶしを作る前に自分に期限や、デッドラインを決めなければなあ、、と。

 

人間関係ってすこぶる面倒くさいですなぁ〜・・・・

 

誰かとワイワイしたり、ヤツと一緒にいたりした後、

埼玉の孤城に帰ってくると、ああ私はひとりぼっちが寂しいんだ、、、と実感する。

 

寒いからだ。全ては寒波のせい。

いつまでたってもセーターと布団が私を離してくれないせいだと思う。

 

 

長くなってしまいましたが、ご不明な点はございませんか

ございませんね。はい。良かったです。

 

書いたらなんだかスッキリしました。

なんくるないさ〜〜〜〜

 

 

 

 

弾丸台湾

 

どうも。

 

なぜか弾丸で台湾に行ってきました。

仕事だったので、あまり外にはいられずずっと工場でした。

 

夜中は時間があったので、

夜な夜な街を探索してみたんですが、知らない道を

wifiも繋がらず、言葉もわからない状態で歩くのって

なかなかに楽しいもんですね、、、、

私にこんな野生(?)の気持ちがあったなんて、初めて知りました。

自分でも驚きです。

 

後から知ったんですが、Google mapはGPSだけ繋がってれば動くんですね。

次回からは駆使します。

道に迷ったらテキトーにコンビニのお兄さんとかに話しかけて

道を教えてもらうワイルドっぷり。

 

 

台湾は色が濃い街ですね。

最小限の荷物にしようと心に決めながら、

単焦点で観光なんて、とんでもなく無意味なことしたなーと思いながら、

一枚だけ写真を撮ってきました。

 

通訳をしてくれた方が、すっっっごい歩くの早くって

写真を撮ろうにも止まってくれないので、

歩きながら・・・

f:id:kknm2130:20170913175721j:plain

 

ここどこや。。。。。

てか手前の電話してるお姉さんがめっちゃ邪魔ッすぅ・・・・

奥行きがある写真撮れたらもっと良かったなーとか

いかに自分が背景を撮影してきていないかがよくわかりました。

 

習うより慣れろの精神で・・・・。

 

そうそう、100人ポトレですが、

全然進んでない!!!!!

 

人と予定合わせるのってすごい難しいんですね!!!!

友達少なすぎて気づきませんでした!!!!!!

土日休みが合わなくても、平日夜の撮影でもいいよー!って言ってるんですけど

夜の撮影ってみなさんあんまりお好きじゃないんですかね、、

平日夜は無理・・って断られがち。。。。悲しい。

ボランティアをお願いしているからね、無料で夜まで動きたくないってことですかね、それとも私が嫌われt・・・・・

 

とりあえず、今月末は金沢に行くので、その時にやっと手にいれた8000Dを使いこんで来ようと思います。

 

あ、その前にディズニーシーに行くんだった・・・!

キャラ撮りでもしてカメラに慣れよう。そうしよう。

 

 

スタート

どうも、25歳になりました。

 

24歳、転職したり、一人暮らしが始まったりとドッタンバッタン大騒ぎでしたが

ようやく落ち着き、気づいたら25歳になっていました。

 

もっといろんな人に出会いたいものですね。

 

なぜか延びに延びてやっと canon8000Dとご対面。

何かの縁か、50mm単焦点も購入。

前機種が(低スペと言う意味で)とんでもんない機種を使っていたことを思い知り、反省。

何より単焦点すっげえええ。。。。

腕が追いつかないので、撮りたい写真が撮れず、んんんん、、、、、

梅雨も明けたので100人ポトレもいよいよ開始です。

名刺のデザインもしたり、楽しい。

同時開催、手だけの写真撮ったり。。。

手だけの写真楽しい。。。

考えただけでワクワクする。。。

 

あ、あ、25歳になった報告しようとしたのに。。。笑

相変わらず更新頻度は低いですが、これでも、それでも、生きてます。

楽しく、健康で、。

 

 

昔の夢

 

大学2年生の時、

コンビニと、水泳教室のコーチをして稼いだお金で初めて一眼レフを買った。

 

そのとき、いつか素敵な写真をたくさん撮影したら、誰かを喜ばせたいってすごくすごく漠然とした夢を持っていたのを思い出した。

 

人を100人、機械的に撮影する仕事をしてから、写真の価値なんて、ゴミみたいなもんだと思うようになった。

(その人にとっては本当に大事なものだったろうけど、その後削除されていく写真を見てやっぱり虚無感しか残らなかった) 

仕事を辞めて、実家に帰ってきた。

私に向けられる無邪気な笑顔や、一瞬をいつまでも残さなければとおもう瞬間にたくさん立ち会った。

 

わたしはまた、夢が見たい。

出来れば実現させたい。

 

じゃあ素敵な写真の定義とは。

わたしの感性でいいのだろうか。

 

たくさんの人を喜ばせるとはなんなのか。

 

いまはとにかく時間がかかってもいい。

老若男女問わずとにかく100人の写真を撮りたい。

数千枚になるだろうか。数百枚で収まるだろうか。

わからない。だけど、やってみたい。

 

6月にCanon 8000Dを買うことに決めている。

諸々の準備が整ったら、まずは感覚を思い出すために友人を数人撮るところから始めよう。

 

 

最近友人に言ったじゃないか、

「人生は1度きり。後悔してもあとには戻れない。明日死んでも悔いないように生きよう」

 

有言実行するのだ。

 

 

 

映画履歴~3月4月編~

 

お久しぶりです。

生きてます。

 

 

先月、今月となんだか機会に恵まれ、
映画をたくさん見て来ました!
覚え書き的に書いていきます。
映画はいいぞぉー……

では、早速。

 

 

ラ・ラ・ランド
めちゃくちゃ好きなテイストの映画でした。
元々ミュージカル映画が大好きなので、オープニングからエンディングまでずーっっっとワクワクしっぱなし、
最後、泣きそうになりながら、ライアン・ゴズリングイケメンだ……うう……ってなってました。


次の日かな……既に観てた友達に感想LINEを送り付けて暫くラ・ラ・ランドの話が止まらないくらいでした。

会社のおじさんには、「キミはまだ若いから、そんなに感動するだろうけど、おじさんはちっとも泣けなかった。」
先輩(男)は「あの女めっちゃ腹立つわー」と言っていたので、男性と女性で、若人と大人の方では観方が全然変わる映画かもしれないです。

隣に座ってた男子高校生が最初10分で寝始めて、めっちゃいびきかいてたことを除いては、最高でした。

 

 

キングコング
上司と、取引先の方と4DXで観るという、接待映画(笑)
上司のご友人だから……いつもの定例映画鑑賞会に紛れて来ただけなんですけどね…
4DXてすごいですね!
長めのスターツアーズみたい!!ずっと揺さぶられてるんですよ笑
振動受けすぎて、椅子からずり落ちるっていう状況。
何回座り直したことか……


吹き替えがね……ちょっとね……
俳優の顔と声が合ってないよ……っていうね……くせが強いんじゃあ……!って感じですね……

映画の内容は、コングかっけー!立ち姿がアメリカンヒーローって感じで最高でした……。
ちょうどアメコミ絵を仕事で使うことが多かったので、仕事にも刺激になりました……!

 

 


・SING
癒されたいなーと思って、観にいきました。
歌が歌いたくなる映画。
SINGって字幕で出るところがあるんですけど、本当に胸がぎゅんってなった。
歌が最高なのは、当然だとおもうんですけど(だってSINGだから!)、めっちゃ笑えるので、それもまた最高です。
姉と観てて、2人でプルプルしながら観てました笑
で、やっぱりMISIAはめっちゃ歌上手いですね。
ちょこっとだけ歌うシーンですら、さいっっっこうに上手くて、はぁあああああ~~(溶け)ってなってました。
色んな人が出てくるシーンとか、エンドロール見てて、え!あれがあの人だったの?!ってなったので、確認したいです。

帰りの電車でずっと劇中歌聴きながら帰ってきました。
寝るまで聴いてたくらい、曲もだいぶ好き。
吹き替えしかやってなくて、吹き替えで見たんですが、
字幕でもう1回観たいなぁ……。

 

 

 

美女と野獣
これもねぇ、やっぱり観たくて無理やりみにいってきました。
場所が悪かった。六本木のレイトショーは民度が低い!笑
初めて、場面転換部分で爆笑する団体に出会ったわ笑
あと、結構みんな映画中お喋りするんだね、腹立ったわー(笑顔)

感想ですが、エマ・ワトソンくっっっそ可愛い。
歌もめちゃくちゃ上手いし、ダンスシーンとか本当に素晴らしかったです。
幼少期からディズニー映画で育ったので、美女と野獣なんて何百回も観てるのに、実写の方が泣けるっていう不思議。
私的に泣けるシーンは5箇所ありましたよ……!
最初はベルの気持ちで観てるのに、途中から野獣の気持ちで観始めてる自分がいて……笑
一緒に観てた友達にその事言ったら、
「分かる、わたしも」って言ってたので、多分そういう風に映画が出来てるんだと思います。
DOLBYの音響がめっちゃいい放映もあるみたいなので、そっちでもう1回見たいですねぇ……それか、自分で好きな音質のイヤホン買っていい音で観たいです!

 

 

 

夜は短し歩けよ乙女
なんとかギリギリセーフ、滑り込みで上映期間に見に行けましたー!
脳みそが溶けた湯浅監督ファンなので、本当に大好きです!!!はい!!って感じです。
森見ファンで、星野源ファンなので全部ご褒美。
もう1回小説読んでから、映画みたいですね。
あと、また京都行きたい……!先斗町ムーンウォークに行きたいですねぇ……。
一部ファンは、先輩が主演なのに出番少なくない?!って思ってる方もいるようですが、うぅうーん……でもそういう小説だからなあ……って思ってしまいました。

映画の感想ですが、ひとつの夜の描き方が本当に上手だし、いやいやンなわけないでしょ?!って言われそうだけど、乙女がそう言ったのなら、一夜は一夜です!ということです。
納得出来ないのなら見なきゃいいのよ。
割と忠実再現だったと思います……多分、小説もう1回読んでから確定したいですね。
文化祭のシーンが本当に本当に……!ね!
あと会議のシーンね……!
てかてかもう最後のシーンにキュンキュンしてああああ~!って叫びだしそうだった……いいねえ、ご都合主義バンザイです……

 

 

 

とりあえず3月4月でみた映画は以上です!!
文化活動大事……!